仙台駅前 見えない矯正 マウスピース矯正 ホワイトブライトデンタルオフィス

当院のご案内

歯科治療のご案内

矯正歯科コラム

アンカーインプラント

アンカーインプラント矯正(TAD)とは?

サンプル画像

アンカーインプラント矯正とはTAD (Temporary Anchorage Device)とも言われ歯科矯正用アンカースクリューを顎骨に植立し固定源とすることで、従来の方法では難しかった三次元的な歯牙移動のコントロールが可能となり、治療期間が短縮できます。

インプラント矯正では、目的の歯を目的の所に移動させるための固定源として使用するため、一時的に顎骨に植立しますが、移動後にはスクリューを除去します。

※インプラント矯正に使うスクリューは、「アンカースクリュー」、「矯正用ミニインプラント」などとも言われ、一般に言われている通常の「インプラント」の人工歯根型とは異なります。

アンカーインプラント矯正(TAD)の特徴

・ 痛みはほとんどなく、安全で確実な治療が行えます。
・ 難しい不正咬合の治療もできるようになります。
・ より精度の高い治療結果が期待できます。
・ 治療期間が短縮されます。
・ 患者様にヘッドギアなどの面倒な装置の使用をお願いしなくてよくなります。

手術が怖い、緊張してドキドキしてしまう方に


アンカーインプラントやコルチコトミーの手術が怖い!
緊張してドキドキしてしまう方に!!

手術と聞くと不安を感じる方もいるかもしれません。当院では、治療方法について患者さまに納得していただくまできちんと説明を行います。また、頭では納得していても実際に緊張してしまうという方には、静脈内鎮静法(セデーション)をお勧めしています。

ウトウトしている間にインプラントやコルチコトミーの手術を行い、その日のうちに帰宅することができます。オペそのものにかかる時間は1時間ほど。30分ほど冷やせば帰宅できます。
もちろん、手術当日の入浴と飲酒は控える必要がありますが、普段と変わらない食事も可能です。また、痛みが気になる方には、鎮痛剤をお出ししますので、うずくことはほとんどありません。

当院では、経験豊富な麻酔学会の専門医が対応しますので、安心して受けられます。