仙台駅前 見えない矯正 マウスピース矯正 ホワイトブライトデンタルオフィス

当院のご案内

歯科治療のご案内

矯正歯科コラム

矯正治療に関するQ&A

矯正専門医と一般歯科 本当はどっちがいいの?

矯正治療
Q、矯正専門医と一般歯科 本当はどっちがいいの?

A、虫歯や歯周病などの一般的な歯科診療を行う一般歯科と、矯正治療だけを行う矯正専門クリニックとがあります。
矯正専門クリニックの方が安心!そう思われるかもしれませんが、必ずしもそうとも限りではありません。
矯正専門医院(※専門医ではありません)は矯正以外の治療は出来ませんので、矯正を始める前の抜歯や虫歯治療が必要なときは、一般歯科クリニックでの処置となります。

これに対して一般歯科クリニックは、虫歯や歯周病などを総合的にケアできますので、治療前の抜歯から治療後のメインテナンスまで、お口の中を総合的に管理してもらえます。
矯正専門クリニックの場合は治療の途中で虫歯が発生したり、歯周病の予防管理の度にわざわざ一般歯科に行かなければならない煩わしさもあります。
成人の場合は、虫歯や歯周病などのトラブルが多く、治療方法はお口の中の環境によって大きく変わります。

また、治療期間も長いので、安心できるクリニックとお付き合いしたいものです。
総合的にしっかり見てもらえるクリニックを選ぶことが、賢い選択といえます。


専門医と言っても、社会的認知度が無い団体の専門医もいます。
仲間うちでスタディークラブをつくり、大げさな肩書を付けて、そこの専門医を標榜しているケースも見受けられます。
現在会員が多い3団体(日本矯正歯科協会、日本矯正歯科学会、日本成人矯正歯科学会)はそれぞれ専門医制度を設立しております。
どの学会もそうですが、学会の黎明期には技能評価をしないまま認定したために、全員が一定の基準以上の臨床能力を有しているとは限りません。
また、認定医、専門医の定義が各学会で異なります。認定医、専門医という表記だから安心と言って、判断するのは危険です。