仙台で矯正なら仙台駅前ホワイトブライトデンタルオフィス 目立たない裏側矯正、マウスピース矯正取り扱い

当院のご案内

歯科治療のご案内

矯正歯科コラム

矯正治療に関するQ&A

歯並びと嚙み合わせって同じじゃないの?

矯正治療
Q、歯並びと嚙み合わせって同じじゃないの?噛み合わせはどこで診てくれるの?

A、"歯が並んでいる"と"噛み合わせがよい"はイコールではありません。歯並び≠噛み合わせ。つまり歯列≠咬合です。
一般的には咬合が良い人は、歯並びも綺麗な傾向にあると言われていますが、その逆は少ないようです。
"歯が並んでいる"はデコボコが無く整列している状態です。そして、左右対称、歯肉や唇、顔貌との調和等、審美的条件を備えている状態です。
"噛み合わせがよい"は上下の歯列が最大面積で接触し、なおかつ顎関節に異常がない位置関係にある咬合のことです。
また、下アゴを歯軋りするみたいにズラした時に、犬歯が当たってガイドしている状態の嚙み合わせです。

噛み合わせは、従来、補綴科(入れ歯や金属冠を扱う科)が主体でした。
近年、矯正治療でも、噛み合わせを考慮した診断が重要視されてきています。
顎位(下顎の位置)・機能的咬合(機能的なかみ合わせ)をより客観的に診査・診断し、それを反映させて治療しているのがロスフィロソフィーや、シーケンシャルオクルージョンです。
これらの矯正治療法は従来と比べ、高い予知性と安心安全な治療が提供可能となりました。
矯正を選ぶ際は、審美的(=歯並び)な側面だけでなく、機能面(咬合=噛み合わせ)も見てもらえるクリニックを選ぶことが、重要です。

当院は日本顎咬合学会の「噛み合わせ専門医」が在籍しておりますので、咬合診断や顎関節症の治療も対応しております。